第三夜。

  1. 2017/08/10(木) 00:00:00_
  2. 夏の鈴薪祭り。
  3. _ comment:8
鈴木さん、ご冥福をお祈りします(-人-)。

粟田がなけなしのカシコ要素を振り絞って頑張る
「夏の鈴薪祭り」。
第三夜でごさいます~。
今回で終わりです。
タイトル「第三夜。」ですが
「夢十夜」みたいな感じで続きものではなく一群ということです。
大バチ当たり粟田(-_-;)。
お目汚しでしかないですがよろしくお願いいたします<(;_ _)>






【 第三夜。 】



-ほととぎすなくや五月のあやめ草あやめも知らぬ恋もするかな
                      新古今集 詠み人知らず―

         ほととぎすが鳴く。そんな皐月に咲くあやめの花ではないけれど
         あやめも分からなくなるような恋をするとはー。


「薪、ここの画ちょっと見てみろ。」
「・・・・・。」

鈴木に促されてモニターを見つめる彼の視線が一点に絞られ
次第に鋭い光を増していく。
もしも薪が断罪の天使だったら誰一人その罪を免れる者はいないだろうと
ふと空想してしまう。

「ああ、このガイシャの服の生地、一課が入手したものと同じだ。
間違いなく物証になる。」
「よし、立件できるな。」

喋らない食べない眠らないーそんな薪が「倒れます」モードに入る前に
今回は目途が立ってよかった、と鈴木は思う。

まだMRI捜査が導入されたばかり。
研究機関でしかない第九は世論や保守の反対派・人権擁護団体に批判を
受けながらやっと始動し始めたところだ。
しかし自分たちの実績で認められれば日本の犯罪捜査も大きく
躍進できるだろう。

しかし今は凶悪犯罪のような特殊ケースに限定される第九の捜査が
一般的になれば当然犯罪者もMRI捜査を見越した手口を考えてくる
ようになるだろう。そうなれば・・・

「鈴木?」
「・・・ああ、すまない。考え事をしていた。
おまえの推理に沿ったこれまでの捜査通りでもうほぼ報告書は出来ているから
少し補足するだけで大筋の変更はない。
期限までには間に合うし・・・今日はもう帰って休め。」

モニタールームには二人きり。
他の捜査と並行していたので他の部下は
先に退所させていた。

最近の薪は以前からは想像もできないほどスムーズに
室長として部下と接し朗らかな笑顔を見せることが多くなった。
鈴木はそんな薪を見守りながら喜ばしく思いつつも
どこか淋しい気持ちがするのを感じていた。
しかしそんな思いはあえて深く考えずにいたけれど。

「・・・・・。」
まだモニターを見ていた薪がいつの間にか窓の方を見つめている。

「どうした?薪?」
「・・・聞こえなかったか?」
「え?」
「今、鳥の声がー。」
「鳥?」
「ああ、聞こえた気がして。」

考え事をしていた鈴木は気づかなかった。耳を澄ますがもう何も聞こえない。

「ほととぎす・・・。」
思いつくままに鈴木はぽつりとつぶやいていた。

「え?」
「夏の今の時期、夜鳴くのはほととぎすというが・・・。」
「そうか・・・。」

そう言ってうつむいた薪から出てきたのは意外な言葉だった。

「托卵する鳥だな。」
どんな女でも敵わないような薪のつややかで美しい唇の端にかすかに笑みが浮かぶ。
その中にある自嘲を見逃す鈴木ではない。

「薪ー。」

「ほととぎすは托卵をする。郭公と同じだ。
夜にも鳴くせいか冥界を行き来する鳥だとも言われているー。」

もう薪は窓からモニターに目を戻していた。

「薪!」

ずいっと無理矢理、薪とモニターの間に頭で割り込んだ。
身長差もあるから薪に覆いかぶさるような姿勢になった。
琥珀色の薪の瞳をしっかり見て言う。

「おまえは鳥じゃないだろう?」
「・・・・。」

「托卵して生きる生き物の本能をオレ達は断罪なんて出来ない。
それは誰にも裁けるものじゃないだろう。
それに、おまえは鳥じゃない。
今は上司でもおまえはオレの大事な友人でご両親にとっても大切な息子だよ。」

そのまま、またうつむく薪の薄い肩を両手でつかもうとしたら
薪は猫のようにしなやかにするっと腕の間をすり抜けて立ち上がった。

こちらを見つめる一対の美しい瞳はもう穏やかだった。

「そうだなー。おまえの言う通り・・・帰って休むよ。」
「・・・ああ、帰ろう。」

モニターをオフにして身支度するー。
淡々と支度する薪はいつもと変わらず無表情に近く
あの時のように泣きだしたりしない。
もう俺が抱きしめる必要も無いのだろう。

ひとり暮らしのマンションに帰って照明もつけずベッドに疲れた体を
投げ出したら薪の澄んだ声が頭の中で響いた。

-冥界を行き来する鳥だとも言われている。

不思議と可笑しみが込み上げてクスッと笑った。
まるで俺達じゃないか。
しかし・・・鳥なら視たものを人には伝えないから罪は無いのかもしれない。

MRI捜査を批判する急先鋒の宗教団体からは神の領域を冒す不遜の輩とか
反対に死神とまで言われた。
確かにやっていることは死者のプライバシーを侵害し神の領域を冒す行為なのかもしれない。

でも、それでも俺達の仕事が死んだ人達だけでなく生きている人の何かの
救いになれば...。

そんなことを考えながら眠ったせいか夢を見た。
夢のなかでこれは夢だと分かっている不思議な夢だ。


  激しい雨のなか地面に両膝をついて天を仰ぎ周囲の目も気にせず
  雨よりも激しく泣く喪服の薪ー。それは俺の葬式だと分かっていた。
  分かっていても動揺はない。それよりも泣く薪が-
  本当にひとりぼっちになってしまった薪が心配ではらはらした。
  そのまま地面に突っ伏して雨に打たれる薪ー。
  『薪!』
  必死で呼びかけようとしているのに声が出ないー。
  やっと絞り出せたかすれた声さえも雨の音に掻き消されるようだった。
  
  夢によくあるように脈絡なく映像が変わる。
  薪が厳しい顔で
  「ついて来るな!」と
  後ろのヒゲの男を置き去りにして歩き去る後ろ姿が見えたー。
  その男はためらいがちに薪のほうに手を伸ばして・・・やがてその手は
  力なく下におろされた。
 
  こんな薪を一人にしてはいけない。・・・本心じゃないだろう?
  声を出そうとあがいているとまた違う場面が見えた。
  外務省の長い廊下で
  「ついてくるな 先に帰ってろ!!」と怒鳴る薪。
  怒鳴られた背の高い男は戸惑いながら、でも
  たじろがずに一直線に薪を追いかけて走っていくー。

  あれは・・・


「鈴木。」
薪に呼ばれてはっとした。ダメだな、俺らしくもない。
夕べ見た夢を思いだそうとしてぼうっとするなんて。
夢のなかで薪が泣いていたような気がして気になって仕方なくて。

「どうした鈴木?」

心配そうに綺麗な眉を寄せて俺を見上げる薪。

「やっぱり、おまえ疲れているんじゃないか?報告書も提出したし
もう今日は先に帰っても大丈夫だ。」
 
「・・・・。」
「鈴木?」

どしゃぶりの雨のなか、人の乗ったタクシーの窓を開けさせて
車内と俺をずぶ濡れにさせても
指摘されるまで気づかず、自分の事しか考えていなかった薪が
体調を気遣ってくれるようになるなんて・・・

「何がおかしい?」

見た夢は思い出せなかったが
出逢ったばかりの頃のことを思い出して笑う俺を薪はきょとんと不思議そうに見る。
こういう表情は変わらないな。

陶器のように白くきめ細やかな肌。
長い睫毛に縁取られた澄んだ琥珀色の瞳。うちかかるさらさらの髪もそのままに
じっとこちらを覗き込んでくる。
その瞳を見ていると華奢な背に羽が無いのが不思議になるほど。

たしかにこの世の者ではないのかもしれない。
薪、おまえだけは-。

「何でもないよ。」

薪の柔らかい頬にそっと触れて鈴木は微笑んだ。





(了)


*** あとがき ***

カシコ要素はどこに(・_・;)?
粟田も分からないのでお暇な方は
お探しください。(←見つからない危険大なのでスルーして下さい。)
鈴木さんは絶対薪さんが好きだったと
にゃん様はおっしゃるので結構甘くなりました。
粟田のなかでですが(;´▽`A``

鈴木さんのセリフは一部「BANANA FISH」からパ・・・オマージュ
させてもらってます…。










スポンサーサイト

<<粟田 頑張る② | BLOG TOP | 萩尾望都(神)が9月神戸に!>>

comment

鈴薪お疲れさまです(^∇^)

  1. 2017/08/10(木) 20:08:29 |
  2. URL |
  3. のぎ
  4. [ 編集 ]
粟田様〜〜
お疲れさまでしたあ!
まづ最初から この短歌すきなんです。
高校のころ 古典の先生のすきな短歌でして
お馬鹿な生徒に披露していただいた恋の唄
懐かしかったです^^

えーとですね
基本 青薪ストなんで 王子といる薪さんを見ると辛い
なんで 薪さんを残して死んじゃうの!
あっでないと 私たちは 儚げ薪さんをみれない?

鈴木さんの葬儀で泣き崩れる薪さん、、
ここ 辛すぎです。
粟田さんの鈴薪は友達を越えてない感じですか?でも 鈴木さんの薪さんへの優しい思いはダダ漏れでしたね。

岡部さんと青木が夢に出てくるとは
過去と未来が交差して、、、
結構長い話ですが 何日ぐらいで仕上げ
ます?粟田様 ブログの更新も早くて
いやいや すごい。

お疲れさまでしたあ!


Re: 鈴薪お疲れさまです(^∇^)

  1. 2017/08/10(木) 20:53:57 |
  2. URL |
  3. 粟田律
  4. [ 編集 ]
のぎ様こんばんは✨

> 粟田様〜〜
> お疲れさまでしたあ!

ありがとうございます。

> まづ最初から この短歌すきなんです。
> 高校のころ 古典の先生のすきな短歌でして
> お馬鹿な生徒に披露していただいた恋の唄
> 懐かしかったです^^

へぇぇ~素敵な先生ですね~。
粟田はいつ知ったっけ?思い出せませんが
口ずさむと
梅雨の暗い雰囲気とあやめの美しい姿と鳥の羽ばたきが
聞こえる気がして明るくない恋の歌として好きです。

> えーとですね
> 基本 青薪ストなんで 王子といる薪さんを見ると辛い
> なんで 薪さんを残して死んじゃうの!
> あっでないと 私たちは 儚げ薪さんをみれない?

あ~、これね~青薪すとあるあるなのかな~?
粟田も鈴木さん何で~っ?って言う気持ちが募っちゃって
悲しかったな~。

のぎ様も一回鈴薪考えてみるといかがでしょう?
そしたら色々発見があるかもしれませんよ。
粟田はそうでした。

> 鈴木さんの葬儀で泣き崩れる薪さん、、
> ここ 辛すぎです。
> 粟田さんの鈴薪は友達を越えてない感じですか?でも 鈴木さんの薪さんへの優しい思いはダダ漏れでしたね。

う~んと、寝顔の薪さんに鈴木さんがうっかりちゅーとかは
してそうかな、と。
Σ(・o・;) ハッ!これBON子様の本編パターン!?

> 岡部さんと青木が夢に出てくるとは
> 過去と未来が交差して、、、
> 結構長い話ですが 何日ぐらいで仕上げ
> ます?

う~んと、ざっとしたあらすじが出来るのが
1日で、あとちょこちょこ直すのに3、4日かかります。

青木くんの場合は2日くらいで(私的に)いいんですが
鈴木さんは4日はかけないと駄目ですね(^_^;)

ただ「第三夜。」はあらすじできたのはやっぱり一日ですが
今日まで寝かしてたので少し(私にしては)複雑に
なりました。

>粟田様 ブログの更新も早くて
> いやいや すごい。
> お疲れさまでしたあ!

今回だいぶ空いちゃいましたが大丈夫でした?(;´▽`A``
ちょっとばたばたしててもヒマだもな~粟田。
わはは



これは…(;ω;)

  1. 2017/08/10(木) 22:28:36 |
  2. URL |
  3. なみたろう
  4. [ 編集 ]
切ないですね…
鈴木さんが自分の死後のことを夢に見るなんて。
ゴムマスクのお話以外はだいたいリアルな「秘密」ですが、青木は予知夢見ますからね、あり得ますねえ。
わかっていても止められない運命(;ω;)

私もこのふたりは互いに好きだったと思ってます。見事な両片想いってヤツですね。青薪もか。
あのデータ消失事件ではっきりわかりましたが、互いの気持ちも分かっててギリギリとどまって、最後までプラトニックだったんだろうなぁ。
だからこそ青木とは今を大切にして欲しいです…薪さん自分でそう言ってたじゃないですか~( ;∀;)


Re: これは…(;ω;)

  1. 2017/08/10(木) 22:42:12 |
  2. URL |
  3. 粟田律
  4. [ 編集 ]
画伯様こんばんは✨

> 切ないですね…
> 鈴木さんが自分の死後のことを夢に見るなんて。

なんか手が勝手に書いちゃいました。
それで鈴木さんは薪さんのこと心配してそう、と。

> 青木は予知夢見ますからね、あり得ますねえ。

あ~、ワンコの特殊能力!!そういえばそうでしたね~!
(粟田カシコ要素ゼロ。)

> 私もこのふたりは互いに好きだったと思ってます。見事な両片想いってヤツですね。青薪もか。

両片思い!!またもや金言が!!メモメモ(;゚Д゚)φ゙

> あのデータ消失事件ではっきりわかりましたが、互いの気持ちも分かっててギリギリとどまって、最後までプラトニックだったんだろうなぁ。

粟田もプラトニックに一票ですが一緒に寝ててうっかりちゅーとかはありそう!
いや~BON子様の映画楽しみですね!
(どこが一票(・_・;)?)

> だからこそ青木とは今を大切にして欲しいです…薪さん自分でそう言ってたじゃないですか~( ;∀;)

画伯様の薪さんへの愛は本当すごいです~(/_;)✨
どうなるんやろう~。
(気になるのが事件じゃないといゆー(;´▽`A`や、事件もすごいんだけどね。)


第3夜

  1. 2017/08/10(木) 23:14:45 |
  2. URL |
  3. ひろっぴ
  4. [ 編集 ]
粟田さん、こんばんわ。
第3夜お疲れ様です。

切ないお話しでした・・・
会社で読ませていただき、お家に帰ってきてからもう1度
読ませていただきました。

こんな切なくていいお話しなのに。

>後ろのヒゲの男を置き去りにして・・・
これ、ヤスフミですよね・・・会社で読んだとき本気で
これ誰のことだ?って考えて、あぁ!ヤスフミだ、ごめんヤスフミ・・・

もうこれが頭から離れず・・・自分が悪いんですけどね・・

せっかくの粟田さんの素敵なお話を私ったらなんて失礼なことを・・
ごめんなさい。(申し訳なく思いつつ、ここで白状してすみません)

>薪の柔らかい頬にそっと触れて鈴木は微笑んだ。
これ読んで、あぁ、ちゅ~しちゃえばいいのに!!と
思ってしまいました。

なみたろうさんの素敵なコメントに比べて、なんてゲスなコメント・・・
ほんとすみません。

しばらくコメントは自粛したほうがいいかも・・・


切ないですー

  1. 2017/08/11(金) 01:47:46 |
  2. URL |
  3. lily
  4. [ 編集 ]
粟田さん、こんばんは。

このお話、原作の世界観そのままですごいです。
きっと、鈴木さんこんな風に薪さんのことずっと心配してたんだろうなぁって、切なくなっちゃいました。
泣いてたような気がして気になって、って…泣
鈴木さんがどこまでも優しい…

素敵なお話、ありがとうございました(*^O^*)


Re: 第3夜

  1. 2017/08/11(金) 07:29:51 |
  2. URL |
  3. 粟田律
  4. [ 編集 ]
ひろっぴ様おはようございます✨(早出の癖で休みなのに目が覚めた。)

> 切ないお話しでした・・・
> 会社で読ませていただき、お家に帰ってきてからもう1度
> 読ませていただきました。

まぁ二回も読んで下さったとは光栄です( ;∀;)✨

> こんな切なくていいお話しなのに。
> >後ろのヒゲの男を置き去りにして・・・
> これ、ヤスフミですよね・・・会社で読んだとき本気で
> これ誰のことだ?って考えて、あぁ!ヤスフミだ、ごめんヤスフミ・・・
> もうこれが頭から離れず・・・自分が悪いんですけどね・・
> せっかくの粟田さんの素敵なお話を私ったらなんて失礼なことを・・
> ごめんなさい。(申し訳なく思いつつ、ここで白状してすみません)

いやいやそんなことないですよ~!

> >薪の柔らかい頬にそっと触れて鈴木は微笑んだ。
> これ読んで、あぁ、ちゅ~しちゃえばいいのに!!と
> 思ってしまいました。
> なみたろうさんの素敵なコメントに比べて、なんてゲスなコメント・・・
> ほんとすみません。
> しばらくコメントは自粛したほうがいいかも・・・

いやいや、粟田を励まそうと思ってコメントして下さっているんでしょ?(粟田推定)
励みになりますよ!!
粟田もちゅーすればいいのに!と思います(`・ω・´)←本家ゲス。
ひろっぴ様のコメント正直で好きです!!

「巧言令色すくなし仁 剛毅木訥 仁に近し」という論語の言葉を
思い出します。
(言葉巧みで、人から好かれようと愛想を振りまく者には、誠実な人間が少なく、
人として最も大事な徳である仁の心が欠けているものだ。
反対に意思が強く強固で、素朴で口数が少ない人物が、仁に最も近い者である。)

きっと青木くんも仁に近い人なんですよ!
鈴木さんは人を気遣えるから「人と上手くやれる」けどそういう自分の
身に着けたスマートさも青木くんを見たらその武骨さに
憧れるんじゃないかなぁ、なんて
想像したり。
羽海野さんの青春スーツってやつ。(ハチクロ用語だけど分かるかな~?)
コメントありがとうございました(*´▽`*)✨



Re: 切ないですー

  1. 2017/08/11(金) 07:39:17 |
  2. URL |
  3. 粟田律
  4. [ 編集 ]
lily様おはようございます✨

> このお話、原作の世界観そのままですごいです。
> きっと、鈴木さんこんな風に薪さんのことずっと心配してたんだろうなぁって、切なくなっちゃいました。
> 泣いてたような気がして気になって、って…泣
> 鈴木さんがどこまでも優しい…
> 素敵なお話、ありがとうございました(*^O^*)

あ、ありがとうございます[庵]▽//)ゝ
また王子に出てきてほしいですね~。

lily様の王子様の爽やかイケメンっぷりが好きです~。
たらしこまれた粟田(*´Д`)♡✨




 
 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

粟田律

Author:粟田律
初めまして✨[庵]д・)ノチラ
粟田律、と申します。
清水玲子先生の
「秘密 THE TOP SECRET」に
はまりました。
文学と漫画をふくめ芸術と美しいもの
すべてが好きです。
妄想を書き連ねております。
ブログ初心者です。
宜しくお願い致します。

カテゴリ

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


▲PAGETOP