第二夜。(上)

  1. 2017/07/26(水) 17:05:10_
  2. 夏の鈴薪祭り。
  3. _ comment:0
粟田がなけなしのカシコ要素振り絞ってお届けする
【夏の鈴薪祭り】第二夜でございます~。
続くつもりはなかったのですが
長くなったので上下になりました~。
しかしカシコ要素は見当たらず・・・(・_・;)あれ~?




【 第二夜。(上) 】

-古に恋ふる鳥かもゆづるはの御井の上より鳴き渡り行く
                       万葉集 弓削皇子-

           昔を恋しがって鳴く鳥でしょうか弓絃葉の御井の上を
           鳴きながら渡っていきますよ       



「警察官に?」
「うん。」

薪が警察官になりたいだなんて意外だった。彼の性向からして
研究者になるんじゃないかと思っていたけれど。
理由を尋ねると

「何か事件が起きた時に初動で適正に捜査が行われば
無関係な人間が苦しまずにすむ。
きちんと犯人が検挙できれば被害者の無念も少しは晴れる
かもしれない。
・・・犯人もそれ以上罪を重ねずにすむだろうし。」

薪は淡々と答えた。その答え方でよく考えた結果だと分かる。
何の感情も込められていない言い方だからこそよけいに
どれほどの想いを秘めているかがよく分かる。

鈴木の脳裏には消えるはずもない一つの事件の名前が浮かんだ。
20世紀オリンピック公園リンチ事件ー。
薪の実祖父が日本人離れしている美しい容姿だったことから無関係の
殺人事件で任意で拘留され、その後当時頻発していた外国人狩りの被害に遭い
集団で暴行を受けたあげくに殺された。
両目をくり抜かれた惨殺死体で発見されたという。

その陰惨な事件が当時12歳であった息子の澤村の精神に影を落とし
長じては友人の婚約者を暴行するに至った。
その暴行の結果、女性はー薪の母である琴海さんは妊娠。
それでも薪は愛されて生まれて育てられていたのに
その育ての両親までも澤村は自殺に見せかけて殺した。
澤村敏ー実の父によって。

もしも祖父が拘留されなければ・・・そんなリンチの被害に遭わなければ
無関係の嫌疑がかけられなければ
それからの悲劇は無かったのかもしれない。

しかし警察はあまりにも・・・前世紀の遺物というか
上意下達。
子どもの頃、警察官に憧れた鈴木も知識が増えるにつれ
体制のありように疑問を抱いた。
そのトップダウンの組織のなかで薪がうまくやっていけるのか心配だった。


- 数日後。

「どういうつもりだ?」
鈴木の部屋の机の上に自分が取り寄せた書類と同じものを発見して
薪は詰め寄った。

「見ての通りだよ。オレも警官になろうと思ってさ。」
「・・・そこまでおまえに付き合ってもらう義理は無い。」
「義理じゃないぜ。そもそも義理なんかで将来まで
決められるものじゃないし。」

愛想の良い笑顔を浮かべて見つめ返してみるが薪の射るような
視線の鋭さに変化はない。
こんなに綺麗な顔でよくそんな怖い表情ができるものだと
長年の付き合いの余裕もあって鈴木は感心しながら思う。
他の人間ならそのギャップも相まって泣きだしかねないだろう。

「鈴木!」
笑ってごまかされる薪ではない。観念して鈴木は言った。

「本当は小さい頃、警官に憧れていたんだー。なりたいって。
でも古い組織の中でやりにくいかもって、好きな事だからこそ
ためらう気持ちがあった。
けどー、キャリアになって自分が組織自体を変えていったらいいんだろ?
簡単じゃないのは分かってる。
憧れていたのに面倒だからって理由を付けて避けてた。
そこまでしようっていう意気込みも前向きさも無くして
楽な方へ逃げようとしていたのに気づいたんだよ。」

正確には気づかされた、だけどな。

自分の生い立ち、実父の罪ー。
不幸にも人生を断ち切られた両親や実祖父の無念までも
一人で引き受けようとしている薪の真剣で誠実な姿勢に。

自分の性格も組織の中でやりにくいことも薪本人が一番よく
知っているはずだ。
それでもあえて茨の道へ行こうとする薪を一人にして
置けないというのも本心で・・・いや一人にしたくないという気持ちがある。

それはさすがに口には出来なかったけどー。

「おまえも手伝ってくれるだろう?」
眩しいくらいの笑顔で鈴木は言った。

薪は瞳を大きくして鈴木を見つめ、
やがて小さなため息をついてからこくんとうなずいた。


(続く)





*******

なんで二人が警察官になったのかな~なんて考えたら
こんなお話に。
粟田不勉強だけど先輩方も書いてるお話でしょうねきっと。
すみませんすみません、粟田の浅漬け的解釈って
ことでご容赦くださいませ。[庵]д;)








スポンサーサイト

<<第二夜。(下) | BLOG TOP | 粟田 波多野さんと今井さんのお祝いに行く。>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

粟田律

Author:粟田律
初めまして✨[庵]д・)ノチラ
粟田律、と申します。
清水玲子先生の
「秘密 THE TOP SECRET」に
はまりました。
文学と漫画をふくめ芸術と美しいもの
すべてが好きです。
妄想を書き連ねております。
ブログ初心者です。
宜しくお願い致します。

カテゴリ

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


▲PAGETOP